LOSER

『歌詞の意味を知れば、音楽に魂が宿る』

こんにちは。
nktatです。

今回は米津玄師さんが歌う、「LOSER」の歌詞の意味について考察していきたいと思います。

LOSERとは?

「LOSER」は、米津玄師さんのメジャー5枚目のシングル。
「ナンバーナイン」と併せて両A面としてリリースされました。
4thアルバムである「BOOTLEG」にも収録されており、Honda「JADE」のCMソングに起用されました。
米津玄師さんが初めてダンスを披露したMVが話題となりました。

「LOSER」は、弱小ダンサーである彼が、周りに馬鹿にされても、勝つことを夢見て。
勝つために諦めない姿が印象的な歌詞となっています。

アルバムおすすめ!
1stアルバム | diorama
2ndアルバム | YANKEE
3rdアルバム | Bremen
最新曲はこちら

どんな人におすすめな曲なのか?

こんな人におすすめな曲

・負け犬な人
・勝ちたいと思っている人

「LOSER」の歌詞から、私が解釈した内容を簡単にまとめてみました。

僕は弱小ダンサー。
今まで勝ったことがない。
負け犬だ。

何をやっても。
すぐに辞めた僕が。
ダンスだけはここまで続けたんだ。

アイムアルーザー。
負けたっていい。
負けて感じる悔しい気持ちが。
僕の心を奮い立たせる。
もう一回もう一回行こうぜ僕らの声。

考えすぎる必要もない。
やりたいようにやればいい。
胸が踊ることを行い。
胸が踊らなくなればやめればいい。
合っているか間違っているかなんて誰にも分かりゃしない。
結果がすべてだ。

とにかく自分が信じた道を。
突き進むだけだ。

進め。
ロスタイムのそのまた奥へ行け。

それでは歌詞の意味について考察していきます!

歌詞の意味を考察!

負け犬人生の彼がポケットに隠したものとは?

僕は弱小ダンサー。
今まで勝ったことがない。
負け犬だ。

皆には笑われてばかりで。
何のために続けているのかも分からなくなってきた。

そんな弱小な僕にだって夢はある。
でも皆に本心を聞かれるのが怖くて。
心から飛び出した夢を。
本音を。
声を。
ポケットに隠した。

いつもどおりの通り独り こんな日々もはや懲り懲り
もうどこにも行けやしないのに 夢見ておやすみ
いつでも僕らはこんな風に ぼんくらな夜に飽き飽き
また踊り踊り出す明日に 出会うためにさよなら

-出典:米津玄師/LOSER/作詞:米津玄師 作曲:米津玄師

僕はいつだって負け犬だ。
負け犬の回りには人は集まらず。
いつもどおりの通り独り。
こんな日々もはや懲り懲り。

どこに行っても負け犬のレッテルをはられ。
もうどこにも行けやしないのに。

いつしか笑った者を魅了し。
初勝利をあげて。
皆に拍手で祝福される。
そんな夢見ておやすみ。

いつでも僕らはこんな風に。
夢見ることしかできない。
ぼんくらな夜に飽き飽き。

ダンスは僕の生き甲斐だ。
また踊り踊り出す明日に。
いつしか勝てる日を夢見て。
出会うためにさよなら。

歩き回ってやっとついた ここはどうだ楽園か? 今となっちゃもうわからない
四半世紀の結果出来た 青い顔のスーパースターがお腹すかしては待ってる

-出典:米津玄師/LOSER/作詞:米津玄師 作曲:米津玄師

何をやっても。
すぐに辞めた僕が。
歩き回ってやっとついた。
ダンスだけはここまで続けたんだ。

それなのに。
ここはどうだ楽園か?
今となっちゃもうわからない。

ダンスを初めて早25年。
四半世紀の結果出来た。
負けるだけの人生。

鏡で自分の顔を見るたびに笑ってしまう。
青い顔のスーパースターがお腹すかしては待ってる。
何て酷い顔してるんだ?
顔は真っ青。
でも初勝利に飢えていた。

こんな酷い顔で。
酷いダンスで。
何を失うことがある?
僕はまだ終わっちゃいない。
ここまで続けてきたんだ。
僕を馬鹿にした連中に一泡吹かせてやる。

勝つために。
ここから再出発だ。

アイムアルーザー どうせだったら遠吠えだっていいだろう
もう一回もう一回行こうぜ僕らの声
アイムアルーザー ずっと前から聞こえてた
いつかポケットに隠した声が

-出典:米津玄師/LOSER/作詞:米津玄師 作曲:米津玄師

アイムアルーザ。
僕は負け犬。

何度も。
何度も。
負けているのに。
何でこんなに悔しいんだ?

そうか。
本気だから悔しいんだ。
一生懸命やってるから悔しいんだ。
適当にやってたら、何も感じない。

僕はまだ終わっちゃいない。
今は何を言おうと。
負け犬の遠吠えになってしまうが。
どうせだったら遠吠えだっていいだろう。

負けたっていい。
負けて感じる悔しい気持ちが。
僕の心を奮い立たせる。
もう一回もう一回行こうぜ僕らの声。

最後に勝てれば。
それでいいんだ。

アイムアルーザー。
僕は敗者だ。
だが直ぐに立ち上がる。

負けたっていい。
負けて感じる悔しい気持ちが。
僕の心を奮い立たせる。

心の声が。
ずっと前から聞こえてた。

皆に本心を聞かれるのが怖くて。
心から飛び出した声を。
ポケットに隠していた。

でも負け続けた僕に。
失うものは何もない。
もう恥ずかしさなんてない。
本心のままに生きろ。

いつかポケットに隠した声が。
現実となるように。

ああだのこうだの知ったもんか 幸先の空は悪天候
ほら窓から覗いた摩天楼からすりゃ塵のよう
イアンもカートも昔の人よ 中指立ててもしょうがないの
今勝ち上がるためのお勉強 朗らかな表情

-出典:米津玄師/LOSER/作詞:米津玄師 作曲:米津玄師

勝ちたい。

本心のままに生きる。
そう決めた弱小ダンサーの僕に対する目線は。
冷ややかなものだった。
周りからは馬鹿にされた。

ああだのこうだの知ったもんか。
幸先の空は悪天候。
ネガティブな意見なんて知ったことか。
今の僕の立ち位置なんて。
僕が一番よく分かっている。

見てみろよ。
トップが僕を見下している。
ほら窓から覗いた摩天楼からすりゃ塵のよう。
あいつから見たら底辺にいる僕は豆粒みたいなものさ。

でも上り詰める道に近道なんて存在しない。
一歩一歩上るんだ。

イアン・カーティスもカート・コバーンも昔の人よ。
スターであった彼らも。
時代の流れには逆らえず。
次から次へとやってくる新しいスターに。
呑みこまれていく。

トップで偉そうにするやつらに。
中指立ててもしょうがないの。

今勝ち上がるためのお勉強。
あいつらに一歩一歩近づいていると思えれば。
朗らかな表情。
焦る必要なんてない。
どことなく自信が満ちあふれてくる。

踊る阿呆に見る阿呆 我らそれを端から笑う阿呆
デカイ自意識抱え込んでは もう磨耗 すり減って残る酸っぱい葡萄
膝抱えてもなんもねえ ほら長い前髪で前が見えねえ
笑っちまうねパッと沸き立って フワッと消えちゃえるこんな輪廻
愛されたいならそう言おうぜ 思ってるだけじゃ伝わらないね
永遠の淑女もそっぽ向いて 天国は遠く向こうのほうへ
ああわかってるって 深く転がる 俺は負け犬
ただどこでもいいから遠くへ行きたいんだ それだけなんだ

-出典:米津玄師/LOSER/作詞:米津玄師 作曲:米津玄師

踊る阿呆に見る阿呆。
我らそれを端から笑う阿呆。
デカイ自意識抱え込んでは。
もう磨耗。
すり減って残る酸っぱい葡萄。

周りの事ばかり気にする必要なんてない。
気にするだけ無駄だ。

恥ずかしがる必要もない。
周りはそんなに俺の事なんて見ちゃいない。

周りと比較する必要もない。
あいつには勝てないと。
負け惜しみするだけ無駄だ。

膝抱えてもなんもねえ。
ほら長い前髪で前が見えねえ。
笑っちまうねパッと沸き立って。
フワッと消えちゃえるこんな輪廻。

考えすぎる必要もない。
やりたいようにやればいい。
胸が踊ることを行い。
胸が踊らなくなればやめればいい。
ただそれだけだ。

愛されたいならそう言おうぜ。
思ってるだけじゃ伝わらないね。
永遠の淑女もそっぽ向いて。
天国は遠く向こうのほうへ。

思いは声に出せ。
ポケットにしまい込むな。
そうでなければ欲しいものが。
目の前からいなくなってしまう。

ああわかってるって。
深く転がる。
俺は負け犬。
ただどこでもいいから遠くへ行きたいんだ。
それだけなんだ。

耳をすませ遠くで今 響きだした音を逃すな 呼吸を整えて
いつかは出会えるはずの 黄金の色したアイオライトを きっと掴んで離すな

-出典:米津玄師/LOSER/作詞:米津玄師 作曲:米津玄師

耳をすませ遠くで今。
響きだした音を逃すな。
チャンスは近づいて来てる。
このチャンスを逃してはならない。

呼吸を整えて。
準備を怠るな。

いつかは出会えるはずの。
黄金の色したアイオライトを。
きっと掴んで離すな。

アイムアルーザー なんもないならどうなったっていいだろう
うだうだしてフラフラしていちゃ今に はい左様なら
アイムアルーザー きっといつかって 願うまま
進め ロスタイムのそのまた奥へ行け

-出典:米津玄師/LOSER/作詞:米津玄師 作曲:米津玄師

アイムアルーザー。
俺は負け犬。

負けて失うものなんて何もない。
なんもないならどうなったっていいだろう。

うだうだしてフラフラしていちゃ今に。
はい左様なら。
余計なことを考えずに。
思うように行動するだけだ。

アイムアルーザー。
俺は敗者だ。

きっといつかって。
願うまま。
進め。
ロスタイムのそのまた奥へ行け。

勝つことを望まなければ。
勝つことはできない。
途中で負けたっていい。
最後に勝った者が。
勝者だ。

愛されたいならそう言おうぜ 思ってるだけじゃ伝わらないね
永遠の淑女もそっぽ向いて 天国は遠く向こうのほうへ
ここいらでひとつ踊ってみようぜ 夜が明けるまで転がっていこうぜ
聞こえてんなら声出していこうぜ

-出典:米津玄師/LOSER/作詞:米津玄師 作曲:米津玄師

愛されたいならそう言おうぜ。
思ってるだけじゃ伝わらないね。
永遠の淑女もそっぽ向いて。
天国は遠く向こうのほうへ。

思いは声に出せ。
ポケットにしまい込むな。
そうでなければ欲しいものが。
目の前からいなくなってしまう。

ここいらでひとつ踊ってみようぜ。
夜が明けるまで転がっていこうぜ。
聞こえてんなら声出していこうぜ。

そうだ。
とにかく行動すればいい。
合っているか間違っているかなんて誰にも分かりゃしない。
結果がすべてだ。

とにかく自分が信じた道を。
突き進むだけだ。

アイムアルーザー どうせだったら遠吠えだっていいだろう
もう一回もう一回行こうぜ僕らの声
アイムアルーザー ずっと前から聞こえてた
いつかポケットに隠した声が

-出典:米津玄師/LOSER/作詞:米津玄師 作曲:米津玄師

アイムアルーザ。
俺は負け犬。

何度も。
何度も。
負けているのに。
何でこんなに悔しいんだ?

そうか。
本気だから悔しいんだ。
一生懸命やってるから悔しいんだ。
適当にやってたら、何も感じない。

俺はまだ終わっちゃいない。
今は何を言おうと。
負け犬の遠吠えになってしまうが。
どうせだったら遠吠えだっていいだろう。

負けたっていい。
負けて感じる悔しい気持ちが。
俺の心を奮い立たせる。
もう一回もう一回行こうぜ俺らの声。

最後に勝てれば。
それでいいんだ。

アイムアルーザー。
俺は敗者だ。
だが直ぐに立ち上がる。

負けたっていい。
負けて感じる悔しい気持ちが。
俺の心を奮い立たせる。

心の声が。
ずっと前から聞こえてた。

皆に本心を聞かれるのが怖くて。
心から飛び出した声を。
ポケットに隠していた。

でも負け続けた俺に。
失うものは何もない。
もう恥ずかしさなんてない。
本心のままに生きろ。

いつかポケットに隠した声が。
現実となるように。

ここいらでひとつ踊ってみようぜ 夜が明けるまで転がっていこうぜ
聞こえてんなら声出していこうぜ

-出典:米津玄師/LOSER/作詞:米津玄師 作曲:米津玄師

ここいらでひとつ踊ってみようぜ。
夜が明けるまで転がっていこうぜ。
聞こえてんなら声出していこうぜ。

そうだ。
とにかく行動すればいい。
合っているか間違っているかなんて誰にも分かりゃしない。
結果がすべてだ。

とにかく自分が信じた道を。
突き進むだけだ。

まとめ

いかがでしたか?
あなたも負け犬になったことはありますか?

負け続けたら自信を失い、続けるのが嫌になりますよね。
でも負けたときこそ、次に何をするのかが大切です。

負けたことをいつまでの引きずるのではなく。
次に勝つための行動を行う。
そうしなければ次も負けてしまうので、心の切り替えは大事ですよね。

もしも負け続けて心が折れそうになったなら、「LOSER」を聴いて勇気を貰いましょう。

負け犬がどういうものか知ってるのか?
本当の負け犬は、勝てないことを恐れ、努力もしないようなやつのことを言うんだ。

映画『リトル・ミス・サンシャイン』より

アルバムおすすめ!
1stアルバム | diorama
2ndアルバム | YANKEE
3rdアルバム | Bremen
最新曲はこちら


あなたも のまとめ記事 を作成しませんか?

気に入った歌詞解釈記事をまとめた、あなた専用の記事を作成しませんか?
メリットとしては以下の点です。
  1. あなただけのまとめ記事を作成できる
  2. 気に入った歌詞解釈記事に簡単に飛べる
文字だけではイメージしづらいと思いますので、実際のまとめ記事を紹介します。

Suzutsukiさんの好きな曲でまとめた、 Suzutsukiさん専用のまとめ記事 となっています。

ちなみにですが…
私の好きな曲のまとめ記事です。

いかがでしたか?
あなたの好きな曲はありましたか?
あの曲があればよかったのに…
と思われたのなら、あなた専用のまとめ記事を作りませんか?
ぜひお気軽にご連絡ください!

お問い合わせはこちらから

最後に

歌詞の解釈は人それぞれです。

米津玄師さんの「LOSER」を聞いて、あなたはどのように歌詞を解釈しましたか?

私の解釈とはまた違った解釈かもしれませんね。
歌詞の解釈により、曲は違った顔を見せます。
つまり、色んな解釈を知れば、色んな顔の曲を楽しむことができます。
これも音楽を楽しむ醍醐味だと思いますので、あなたも色んな解釈をしてみてくださいね。