POP SONG

『歌詞の意味を知れば、音楽に魂が宿る』

こんにちは。
nktatです。

今回は米津玄師さんが歌う、「POP SONG」の歌詞の意味について考察していきたいと思います。

POP SONGとは?

「POP SONG」は、前作の配信シングル「パプリカ」から約2年ぶり、前作アルバムから先行配信リリースされた「感電」からは約1年5か月ぶりのリリースとなります。
Sony PlayStationのCM「遊びのない世界なんて|Play Has No Limits」に起用されています。
12枚目のシングルとなる「M八七」のB面にも収録されています。

「POP SONG」は、PlayStationのCM曲という前提で作られており、MVのイメージありきで作られた曲です。
米津玄師さんはMVの中で”変身したい”という思いがあり、変身が1つのキーワードとなっています。
曲の中にはPlayStationという名前の通り、色々な遊びが散りばめられています。

アルバムおすすめ!
1stアルバム | diorama
2ndアルバム | YANKEE
3rdアルバム | Bremen
新曲はこちら

どんな人におすすめな曲なのか?

こんな人におすすめな曲

・遊び心を忘れている人
・現実を忘れ、遊びの世界に浸りたい人

「POP SONG」の歌詞から、私が解釈した内容を簡単にまとめてみました。

誰かに合わせた歌なんて歌う必要ない。
自分自身のために歌えばいい。

真面目に考えすぎるのも馬鹿らしい。
いつだって遊び心を忘れちゃならない。
人生楽しんだもん勝ちだろ?

見栄を張るための仮面を通して見た世界なんて意味がねえ。
そんな仮面脱ぎ捨ててしまえ。

すぐに世界を変えることができない?
冗談じゃない。
3秒あれば十分さ。

すべては自分次第。

ほらほら。
そんなに真面目に考えすぎるなよ。
123で愛を込めて。
もう一生遊ぼうぜ。

自分のやりたい事して生きようぜ。
そうさどうせ何もかも。
全部くだらねえ。

死んだら何も残りゃしねえんだ。
生きているうちに好きなことしようぜ。

世界は自分次第だ。

それでは歌詞の意味について考察していきます!

歌詞の意味を考察!

世界を変える魔法の123とは?

誰かに合わせた歌なんて歌う必要ない。
自分自身のために歌えばいい。

真面目に考えすぎるのも馬鹿らしい。
いつだって遊び心を忘れちゃならない。
人生楽しんだもん勝ちだろ?

困った時は呪文でも唱えとけ。
ビビデバビビデブー。

ちゃらけた愛を歌ってるベイビー 煌めいてシックなメロディ
誰も見当たらない 夜がまたひとつ
頭空っぽチープなハーモニー 誰だって愛されたいのに
いらないことばかり 口をつく始末

-出典:米津玄師/POP SONG/作詞:米津玄師 作曲:米津玄師

初めは俺だって人気者になりたくて。
イカした歌だと思ってさ。
格好つけて歌っていた。

頭の中では皆から。
ちゃらけた愛を歌ってるベイビー。
煌(きら)めいてシックなメロディ。
と思ってくれていると信じていたのに。
現実はどうだい?

誰も見当たらない夜がまたひとつ。
俺の周りには誰も集まりゃしない。
今日も一人で帰路につく。

頭空っぽチープなハーモニー。
実際のメロディはそんなもんだ。
シックなメロディと思っていたのは自分だけ。

歌詞だって滅茶苦茶さ。
強がった言葉が並んでは。
支離滅裂で。
誰の心にも響きやしない。

誰だって愛されたいのに。
いらないことばかり。
口をつく始末。

俺には才能の一つもありゃしない。
理想とかけ離れた現実。
強がって。
見栄張るだけの厄介者。

見栄を張って何になる?
見栄を張るための仮面を通して見た世界なんて意味がねえ。
そんな仮面脱ぎ捨ててしまえ。

世界はクリアに見えてくる。

どうしちゃったの皆 そんな面で見んな
まともじゃないよあなた方 あー喧々諤々さんざっぱら
雨に唄えば なんて晴れやかだ
さぞかし大層楽しかろ あーりんりんらんらんあっぱっぱらぱー

-出典:米津玄師/POP SONG/作詞:米津玄師 作曲:米津玄師

仮面を脱ぎ捨てて見る世界は。
とても凛として。
清々しくもある。

どれだけ汚れた物を通して見ていたのか。
雲がかった世界にさようなら。
澄み切った世界よこんにちは。

どうしちゃったの皆。
そんな面で見んな。
見栄を張るための仮面を被り。
素顔を隠して生きる嘘の人生は楽しいか?
まともじゃないよあなた方。

あー喧々諤々(けんけんがくかく)さんざっぱら。
ぴーちくぱーちく五月蠅い人たちだ。
口を動かすだけでは何も変わらない。
行動に移そうぜ?

聞く耳も持たないあなた方に唄うよりも。
雨に唄えば。
心はスッキリ。
なんて晴れやかだ。

文句ばかりのあなた方に唄うよりも。
さぞかし大層楽しかろ。
あーりんりんらんらんあっぱっぱらぱー。

言葉に意味を持たせるのは自分自身だ。

123で愛を込めて もう一生遊ぼうぜ
準備してきたもの全てばら撒いて
そうさどうせ何もかも 全部くだらねえ
君だけの歌歌ってくれ
それもまた全部くだらねえ

-出典:米津玄師/POP SONG/作詞:米津玄師 作曲:米津玄師

すぐに世界を変えることができない?
冗談じゃない。
3秒あれば十分さ。

すべては自分次第。
世界の見方を変えるんだ。
見方や考え方を変えるだけで。
世界はすぐに顔色を変えるぜ?

ほらほら。
そんなに真面目に考えすぎるなよ。
123で愛を込めて。
もう一生遊ぼうぜ。
準備してきたもの全てばら撒いて。

自分のやりたい事して生きようぜ。
そうさどうせ何もかも。
全部くだらねえ。

死んだら何も残りゃしねえんだ。
生きているうちに好きなことしようぜ。

まずは周りのことなんて気にせずにさ。
君だけの歌歌ってくれ。

恥ずかしい?
それもまた全部くだらねえ。

どうせ誰も君なんて気にしちゃいねえんだ。
恥ずかしさなんて捨てちまえ。
それくらいの気持ちで生きようぜ。

世界は自分次第だ。

だらけた恋がしたいのさレイディ モラリスト呆れるセオリー
嫌なことばかり 春が過ぎていく
猫足のバスタブでフライバイ 飛んじゃってお茶の子さいさい
唱える呪文は ビビデバビビデブー

-出典:米津玄師/POP SONG/作詞:米津玄師 作曲:米津玄師

だらけた恋がしたいのさレイディ。
自分が満たされればそれでいい。
あなたへの愛なんて微塵もないのさ。

モラリスト呆れるセオリー。
愛なき恋の行方は火を見るよりも明らかで。

あなたに怒られては。
嫌なことばかり。
しかも悪い噂に限ってすぐに広がるもんで。
どんどんどんどん。
春が過ぎていく。

世界が嫌な物になってきたもんだから。
猫足のバスタブでフライバイ。
飛んじゃってお茶の子さいさい。
唱える呪文は。
ビビデバビビデブー。
自分を元気づけるおまじない。

ほら。
世界も楽しいものに見えてきた。

でもあれだね。
やりたいことをやるにしても。
愛を忘れちゃいけないね。

どんなことをするにも。
愛は必要だ。

我がストーリー 愛の成す通り
生きてたい夢中に 全てが遊びの様に
異常にくだらねえよ何もかも
君だけの歌歌ってくれ

-出典:米津玄師/POP SONG/作詞:米津玄師 作曲:米津玄師

我がストーリー。
愛の成す通り。

独りで孤独に生きるのか。
皆からの愛に囲まれて生きるのか。
皆へ振りまく愛次第。

生きてたい夢中に。
全てが遊びの様に。

生きることに対して真面目に考えすぎちゃいけねぇ。
すべてはゲームのように。
遊び心が大切だ。

今までのことを思い返してみろよ。
異常にくだらねえよ何もかも。

今思えば大したことないのに。
なんで当時は重く考えていたんだろうって。
誰しもそういうことがあると思うんだ。

だからこそ。
今悩んでいるのなら。
真面目に考えすぎないで。
遊び心を混ぜてみようぜ。

そして。
君だけの歌歌ってくれ。

そしたらその歌に賛同した人たちが集まってくるはずさ。
自然とね。

さあ。
人生楽しもうぜ。

どうかしてる どうかしてる あいつもそいつもみんな変だ
ちょっとついていけない 楽しめない イカれてるエクスタシー
どうかしてる どうかしてる 全てが全部くだらねえんだ
君だけの歌歌ってくれ

-出典:米津玄師/POP SONG/作詞:米津玄師 作曲:米津玄師

どうかしてる。
どうかしてる。
あいつもそいつもみんな変だ。
ちょっとついていけない。

仮面をつけたやつばかり。
汚れた物を通して見た世界では。
本当の人生なんて。
楽しめない。
イカれてるエクスタシー。

仮面なんて脱ぎ捨ててしまえ。
自分の顔を。
本性を。
ありのままの自分を。
さらけ出そうぜ。

自分の顔が醜くて自信がない?
どうかしてる。
どうかしてる。

周りなんて気にせず生きようぜ。
全てが全部くだらねえんだ。

美人は三日で飽きる。
なんていうことわざ知ってるか?

外見なんてどうだっていいんだ。
すぐに見慣れるさ。
大事なのは中身だ。

まずは周りのことなんて気にせずにさ。
君だけの歌歌ってくれ。

人生楽しいものになるはずさ。

素晴らしいほど馬鹿馬鹿しい
これぞ求めていた人生
君は誰だ 教えてくれよ
どうせ何もないだろう?

-出典:米津玄師/POP SONG/作詞:米津玄師 作曲:米津玄師

はは!
いいぞ!
いいぞ!
見栄張るためだけの仮面なんて脱ぎ捨ててしまえ!

皆が仮面を脱ぎ捨てて。
自分の本性剝き出しになってやがる。

素晴らしいほど馬鹿馬鹿しい。
これぞ求めていた人生。

おいおい。
君は誰だ。
教えてくれよ。
仮面をつけた顔と。
素顔とでは全然違うな。

どうだい?
仮面を脱ぎ捨てて。
素顔でいる気持ちは。

どうせ何もないだろう?
羞恥心なんてのはな。
自分を守るために。
自分で創り出した。
幻影さ。

喧しいこと甚だしい
これぞ価値のある人生
誰でもいいけど君がいいんだよ
愛を歌っておくれ

それもまた全部くだらねえ

-出典:米津玄師/POP SONG/作詞:米津玄師 作曲:米津玄師

皆が皆自分の歌を歌うもんだから。
喧(やかま)しいこと甚(はなは)だしい。
でもな。
これぞ価値のある人生。

周りのことなんて気にせずにさ。
自分のやりたい事して生きようぜ。

ほら。
次は君だ。
誰でもいいけど君がいいんだよ。
人生の主役は他の誰でもない。
君自身さ。

さあ。
愛を歌っておくれ。

恥ずかしい?
それもまた全部くだらねえ。

どうせ誰も君なんて気にしちゃいねえんだ。
恥ずかしさなんて捨てちまえ。
それくらいの気持ちで生きようぜ。

世界は自分次第だ。

まとめ

いかがでしたか?
あなたはどんな時でも遊び心を持ち合わせていますか?

切羽詰まったり、大変になればなるほど、余裕がなくなるので、遊び心がなくなってしまいますよね。
緊張の糸が張られた状態が続くと、予想外のことが起こった場合に対応ができず、糸が切れてしまうこともあります。

そういう時こそ、遊び心が大切ですよね。
緊張の糸も少し遊びを入れて弛ませておけば、何があっても対応できます。

どんなときでも遊び心を忘れないようにしたいですね。

プレーヤーって直訳すると、「遊ぶ人」でしょう。
ゲームだって、直訳は「遊び」です。
ところが日本語では、「選手」「試合」です。
意味が違う。
仕事も同じですが、日本では楽しむという意識が忘れられがちなんです。

平尾誠二

アルバムおすすめ!
1stアルバム | diorama
2ndアルバム | YANKEE
3rdアルバム | Bremen
新曲はこちら


あなたも のまとめ記事 を作成しませんか?

気に入った歌詞解釈記事をまとめた、あなた専用の記事を作成しませんか?
メリットとしては以下の点です。
  1. あなただけのまとめ記事を作成できる
  2. 気に入った歌詞解釈記事に簡単に飛べる
文字だけではイメージしづらいと思いますので、実際のまとめ記事を紹介します。

Suzutsukiさんの好きな曲でまとめた、 Suzutsukiさん専用のまとめ記事 となっています。

ちなみにですが…
私の好きな曲のまとめ記事です。

いかがでしたか?
あなたの好きな曲はありましたか?
あの曲があればよかったのに…
と思われたのなら、あなた専用のまとめ記事を作りませんか?
ぜひお気軽にご連絡ください!

お問い合わせはこちらから

最後に

歌詞の解釈は人それぞれです。

米津玄師さんの「POP SONG」を聞いて、あなたはどのように歌詞を解釈しましたか?

私の解釈とはまた違った解釈かもしれませんね。
歌詞の解釈により、曲は違った顔を見せます。
つまり、色んな解釈を知れば、色んな顔の曲を楽しむことができます。
これも音楽を楽しむ醍醐味だと思いますので、あなたも色んな解釈をしてみてくださいね。