恋と病熱

『歌詞の意味を知れば、音楽に魂が宿る』

こんにちは。
nktatです。

今回は米津玄師さんが歌う、「恋と病熱」の歌詞の意味について考察していきたいと思います。

恋と病熱とは?

「恋と病熱」は、米津玄師さんの米津玄師さんの1stアルバムである「diorama」に収録されています。

「恋と病熱」は、「乾涸びたバスひとつ」と共通したワードが出てくる歌詞となっているため、リンクしていると考えられ、内容としては僕と少女の話となっています。 「恋と病熱」では、僕の視点の歌詞となっており、「乾涸びたバスひとつ」では、少女の視点の歌詞となっています。

どんな人におすすめな曲なのか?

こんな人におすすめな曲

・嘘をついている人
・嘘をついたことに後悔している人

「恋と病熱」の歌詞から、私が解釈した内容を簡単にまとめてみました。

だんだんと目が見えなくなる僕は、誰も嫌いたくないから、ひたすら人と自分を嫌った。
少女も例外ではなかった。
それでも君は、嫌なことを言う僕に声をかけてくれた。
僕は嘘をついていたけど、本当は嬉しかった。
そんな君の願いだからこそ、僕は聞き入れた。
僕は君とふたりでここを抜け出した。
抜け出す途中、津波で君と離れ離れになってしまった。
君の生死も定かではない。
君に本当のことを言えず、後悔の念からか、ついた嘘から炎症が起きた。
ずっと微熱みたいに纏わりついた。
僕はもう君に会うことはできない。
僕の人生は真っ暗となってしまった。
光があるのは夢の中だけだ。

それでは歌詞の意味について考察していきます!

歌詞の意味を考察!

少女と逃げ出した僕が最後に望む願いとは?

ここはジオラマの世界。
常識なんて通じない何でもありありな世界だ。
いろいろなところで様々なストーリーが繰り広げられている。
今回は僕と少女のストーリー。
だんだんと目が見えなくなる僕は、人生を諦めていた。
そんな時、少女はここから抜け出そうと誘ってくれた。
僕はその誘いにのって、ふたりでここから逃げ出して。
諦めかけていた人生の再スタートとなるはずだった。

好きなことが 少なくなり
嫌いなことが 沢山増えた
窓に滲む雲を見ていた
皆の背中を見ていた

-出典:米津玄師/恋と病熱/作詞:米津玄師 作曲:米津玄師

好きなことが少なくなり、嫌いなことが沢山増えた。
僕は窓に滲む雲と皆の背中を見ていた。
皆が羨ましかった。
僕は僕の人生なんてどうでもよくなっていた。
僕の人生は滲んで見えた。

言いたいことが だんだん増えて
言えないことが 沢山増えた
空が濁る頃に見ていた
夜になろうとするばかり

-出典:米津玄師/恋と病熱/作詞:米津玄師 作曲:米津玄師

言いたいことがだんだん増えて、言えないことが沢山増えた。
僕は窓から外を見た。
もう空が濁ってきて、夜になろうとしていた。
僕は僕の人生なんてどうでもよくなっていた。
僕の人生は濁って見えた。

「どこにも行けない私をどうする?」

-出典:米津玄師/恋と病熱/作詞:米津玄師 作曲:米津玄師

そんな時だった。
少女だった君が現れた。
僕は君に嫌なことばかり言った。
けれども、嫌な顔せず何度も何度も僕に話しかけてくれた。
言葉では嫌なことを言ってしまったけれど、実は嬉しかったんだ。
ある時君は、僕にこんなことを言った。
「どこにも行けない私をどうする?」

眩暈に溺れて夢を見ていた
白昼夢に全てを押し込んで
愛していたいこと 愛されたいこと
空っぽになるまで 詰め込んで

-出典:米津玄師/恋と病熱/作詞:米津玄師 作曲:米津玄師

僕は眩暈に溺れて白昼夢を見ていた。
夢の中では君ははっきりと見ることができた。
君を愛していたいこと。
君に愛されたいこと。
僕の心が空っぽになるまで、夢の中に詰め込んだ。
こんな僕でも人を愛する資格はあるかな?

覚えたことが 沢山増えて
忘れたことも 沢山増えた
バスに揺られながら見ていた
君はカメラで何を撮る

-出典:米津玄師/恋と病熱/作詞:米津玄師 作曲:米津玄師

覚えたことが沢山増えて、忘れたことも沢山増えた。
僕は君とここから逃げ出すことに成功して、バスに乗ったことを思い出した。
バスに揺られながら気づいたら僕は君を見ていた。
ふと、カメラを持っていることにも気づいた。
「君はカメラで何を撮る?」
君はピンホールカメラをこちらに向けて、僕と君のふたりの写真を撮った。
「この写真は一生大事にするね。」
君はそう言うと、嬉しそうにして、幸せを噛みしめているようだった。

「秘密にしてね、約束しよう」 それすらいつか一人になって

-出典:米津玄師/恋と病熱/作詞:米津玄師 作曲:米津玄師

僕は君から逃げ出そうと言われたことを思い出した。
「秘密にしてね、約束しよう」
何でもないような秘密をつくって、二人で共犯者になった気分になった。
その秘密さえ、今では一人になってしまった。

ボタン一つふいに千切れた
夜になろうとするばかり

-出典:米津玄師/恋と病熱/作詞:米津玄師 作曲:米津玄師

僕は君とここから逃げ出したことを思い出した。
錆びた金網にぶら下がった時に、ボタンがふいに千切れた。
君とずっと一緒にいられないと分かっていたから、僕は君に「御守りな」って言って、僕の代わりとしてそのボタンを渡した。
僕の人生はだんだんと暗くなっていくのが見えた。

「似ている二人をあなたはどうする?」

-出典:米津玄師/恋と病熱/作詞:米津玄師 作曲:米津玄師

揺れるバスの背に寄り添って、僕はこのままふたりでどこかに行けたらなって思った。
でも、叶うことはなかった。
大きな津波がバスを飲み込んだ。
死を覚悟した。
死神よ。
「似ている二人をあなたはどうする?」

些細な嘘から炎症が起きた
ずっと微熱みたいに纏わりついて
愛していたいこと 愛されたいこと
棄てられないまま 赦しを請う

-出典:米津玄師/恋と病熱/作詞:米津玄師 作曲:米津玄師

なんでこうなるんだ?
もっと素直になっておけばよかった。
僕は君が好きだった。
それなのに、僕は君に嫌なことばかり言っていた。
本当のことを言えなかった後悔から炎症が起きた。
ずっと微熱みたいに纏わりついた。
君を愛していたいこと。
君に愛されたいこと。
棄てられないまま、赦しを請う。

誰も嫌いたくないから ひたすら嫌いでいただけだ
皆のこと 自分のこと 君のこと 自分のこと
君がいないと 色んなことが
色んな風に嫌いになって

-出典:米津玄師/恋と病熱/作詞:米津玄師 作曲:米津玄師

僕はただ、誰も嫌いたくないから、ひたすら嫌いでいただけだ。
皆のこと。
自分のこと。
君のこと。
自分のこと。
僕は君がいないとダメみたいだ。
色んなことが、色んな風に嫌になってしまう。
君はどこに行ってしまったのだろう。

病熱を孕ませ夢を見ていた
盲いた目にみえた落ちていく陽
愛していたいこと 愛されたいこと
望んで生きることを 許してほしい

-出典:米津玄師/恋と病熱/作詞:米津玄師 作曲:米津玄師

僕は目を覚ました。
病熱を孕ませ夢を見ていた。
目に映るのは暗闇だけ。
光は夢の中だけのものとなっていた。
盲いた目にみえた落ちていく陽は、夢の中のものだと理解するのに時間はかからなかった。
僕は生き残った。
君を愛していたいこと。
君に愛されたいこと。
望んで生きることをどうか許してほしい。

僕は君を見ることはもうできない。
僕の人生は真っ暗となった。
光があるのは夢の中だけだ。

まとめ

いかがでしたか?
些細な嘘でもいずれ炎症となり、微熱みたいに体に纏わりつきます。
微熱を治すには真実を打ち明けるしかありません。
初めから真実を話すのであれば、最初から素直に生きたいですね。
そうすれば、彼みたいに愛を望んで生きるのではなく、愛する人と一緒に人生を歩めるかもしれませんね。

最後に

歌詞の解釈は人それぞれです。

米津玄師さんの「恋と病熱」を聞いて、あなたはどのように歌詞を解釈しましたか?

私の解釈とはまた違った解釈かもしれませんね。
歌詞の解釈により、曲は違った顔を見せます。
つまり、色んな解釈を知れば、色んな顔の曲を楽しむことができます。
これも音楽を楽しむ醍醐味だと思いますので、あなたも色んな解釈をしてみてくださいね。

それではまた別の歌詞の考察で会いましょう!
最後までありがとうございました。