泡

『歌詞の意味を知れば、音楽に魂が宿る』

こんにちは。
nktatです。

今回はKing Gnuが歌う、「泡」の歌詞の意味について考察していきたいと思います。

泡とは?

「泡」は、前身バンドSrv.Vinci時代に制作された楽曲「ABUKU」のリメイクであり、King Gnu5作目のデジタル配信限定シングルとなります。
前作のシングル「三文小説/千両役者」から約3か月ぶりのリリースとなり、配信シングルでは「」から約2年ぶりのリリースとなりました。
映画『太陽は動かない』・テレビドラマ『太陽は動かない -THE ECLIPSE-』の主題歌に起用されています。

「泡」では、大切にしていた彼女との関係が、泡のように一瞬でパチンと弾け去ってしまった彼の苦悩が表現された歌詞となっています。

どんな人におすすめな曲なのか?

こんな人におすすめな曲

・大切な人とマンネリ化してきた人

「泡」の歌詞から、私が解釈した内容を簡単にまとめてみました。

長い時間をかけて積み上げてきたあなたとの関係は、一瞬にして弾け去った。
消えたの。
泡となり。
消えたの。
いつの間にか。
運命は残酷だ。
さっきまで一緒にいた愛する人が。
次の瞬間にはいなくなっている。
パチンと弾けて。
あなたという存在が。
泡のように消えた。
俺もあなたのところに行きたい。
あなたに会いたい。
「この世」という大海原から逃れるために魚のように軽やかに跳ねた。
気づいたときには「この世」という大海原に戻っていた。
なぜ俺は「この世」に戻ってこれたのか思い出したんだ。
俺はあなたに助けられた。
「まだ生きろ」と。
身を投げ出した俺を、あなたは水中から救い出した。

俺は今もこうして生きている。
そして、あなたの愛情を感じたよ。
俺の愛情もあなたに届くかな?
清らかに飛んでゆけたらね。
この気持ち。

それでは歌詞の意味について考察していきます!

歌詞の意味を考察!

パチンと弾けた泡が意味することとは?

これまでの日常はこれからも当たり前だと思っていた。
あなたの声。
あなたの笑顔。
あなたの温もり。
長い時間をかけて積み上げてきたあなたとの関係は、一瞬にして弾け去った。

消えたの
泡となり
消えたの
いつの間にか

-出典:King Gnu/泡/作詞:Daiki Tsuneta 作曲:Daiki Tsuneta

消えたの。
泡となり。
消えたの。
いつの間にか。
あなたとの時間は永遠に続くと思っていた。
「おはよう」に始まり、「おやすみ」に終わる。
そんな日々がずっと続くと思っていた。
それなのに。
あなたと永遠に話すことができなくなるなんて。
もう「おはよう」も言えないなんて。
どうしてこんなことになったんだ?

わかってりゃ
もっとずっと一層
清らかに
溶け合ったのにね
この気持ち

-出典:King Gnu/泡/作詞:Daiki Tsuneta 作曲:Daiki Tsuneta

運命は残酷だ。
さっきまで一緒にいた愛する人が。
次の瞬間にはいなくなっている。
わかってりゃ。
もっとずっと一層。
清らかに。
溶け合ったのにね。
この気持ち。
俺はちゃんとあなたに愛を伝えられただろうか。

跳ねたの
魚と成り
誰よりも
軽やかに

-出典:King Gnu/泡/作詞:Daiki Tsuneta 作曲:Daiki Tsuneta

跳ねたの。
魚と成り。
誰よりも。
軽やかに。
俺の心は壊れていた。
もう「この世」に未練なんてない。
俺もあなたのところに行きたい。
あなたに会いたい。
父さん、母さん許してくれ。
「この世」という大海原から逃れるために魚のように軽やかに跳ねた。

そのまま
もっとずっと一層
清らかに
飛んでゆけたらね
この気持ち

-出典:King Gnu/泡/作詞:Daiki Tsuneta 作曲:Daiki Tsuneta

そのままもっとずっと一層清らかに。
飛んでゆけたらね。
この気持ち。
気づいたときには「この世」という大海原に戻っていた。
俺はまだ「この世」から離れられないみたいだ。
苦しい。
俺も「この世」からいなくなりたい。
どうしてこんなに苦しまなければならないのか。
あなたと同じところへ。
俺も行きたい。
あなたに会ってきちんと愛を伝えたい。

パチンと弾けて
泡のように消えた
呆気のない運命が
心をえぐった

確かに感じた
仄かに歯がゆい
過ぎ去った運命に
囚われたままで

-出典:King Gnu/泡/作詞:Daiki Tsuneta 作曲:Daiki Tsuneta

パチンと弾けて。
あなたという存在が。
泡のように消えた。
呆気のない運命が心をえぐった。
もうあなたが戻ってくることはない。

あなたという大切な存在を。
確かに感じた。
仄かに歯がゆい。
過ぎ去った運命に囚われたままで。
あなたを忘れることができない。

パチンと弾けて
泡のように消えた
あなたは今も
どこかで元気ですか?

あの夏の匂い
仄かに歯がゆい
いつしか夢中で
追いかけてたのは影

-出典:King Gnu/泡/作詞:Daiki Tsuneta 作曲:Daiki Tsuneta

パチンと弾けて。
あなたという存在が。
泡のように消えた。
あなたは今もどこかで元気ですか?
あなたのことをいつも思う。

あなたとの思い出を思い返す。
あの夏の匂い。
仄かに歯がゆい。
いつしか夢中で追いかけてたのは影。
俺はあなたの亡霊をいつも追いかけていた。
あなたを忘れることができない。

消えたの
泡となり
消えたの
いつの間にか

-出典:King Gnu/泡/作詞:Daiki Tsuneta 作曲:Daiki Tsuneta

消えたの。
泡となり。
消えたの。
いつの間にか。
あなたとの時間は永遠に続くと思っていた。
「おはよう」に始まり、「おやすみ」に終わる。
そんな日々がずっと続くと思っていた。
それなのに。
あなたと永遠に話すことができなくなるなんて。
もう「おやすみ」も言えないなんて。
後悔しても過去には戻れない。

わかってりゃ
もっとずっと一層
清らかに
溶け合ったのにね
この気持ち

-出典:King Gnu/泡/作詞:Daiki Tsuneta 作曲:Daiki Tsuneta

運命は残酷だ。
さっきまで一緒にいた愛する人が。
次の瞬間にはいなくなっている。
わかってりゃ。
もっとずっと一層。
清らかに。
溶け合ったのにね。
この気持ち。
俺はちゃんとあなたに愛を伝えられただろうか。

跳ねたの
魚と成り
誰よりも
軽やかに

-出典:King Gnu/泡/作詞:Daiki Tsuneta 作曲:Daiki Tsuneta

跳ねたの。
魚と成り。
誰よりも。
軽やかに。
あの時の俺の心は壊れていた。
「この世」に未練なんてなかった。
俺もあなたのところに行きたかった。
あなたに会いたかった。
「この世」という大海原から逃れるために魚のように軽やかに跳ねた。

そのまま
もっとずっと一層
清らかに
飛んでゆけたらね
この気持ち

この気持ち

-出典:King Gnu/泡/作詞:Daiki Tsuneta 作曲:Daiki Tsuneta

そのままもっとずっと一層清らかに。
飛んでゆけたらね。
この気持ち。
気づいたときには「この世」という大海原に戻っていた。

なぜ俺は「この世」に戻ってこれたのか思い出したんだ。
俺はあなたに助けられた。
「まだ生きろ」と。
「お前はまだこっち側に来るな」と。
水中へ身を投げ出した俺を、あなたは救い出した。

俺は今もこうして生きている。
そして、あなたの愛情を感じたよ。
俺の愛情もあなたに届くかな?
清らかに飛んでゆけたらね。
この気持ち。

まとめ

いかがでしたか?
大切に、大切にしてきたものでも、終わるときは泡が弾けるように一瞬で終わる。
あなたも経験したことがあるのではないでしょうか?
いつ終わりが来るか分からない。
だからこそ、今この瞬間を大切に。
大事にしたいですよね。

最後に

歌詞の解釈は人それぞれです。

King Gnuの「泡」を聞いて、あなたはどのように歌詞を解釈しましたか?

私の解釈とはまた違った解釈かもしれませんね。
歌詞の解釈により、曲は違った顔を見せます。
つまり、色んな解釈を知れば、色んな顔の曲を楽しむことができます。
これも音楽を楽しむ醍醐味だと思いますので、あなたも色んな解釈をしてみてくださいね。

それではまた別の歌詞の考察で会いましょう!
最後までありがとうございました。