King Gnu-Don’t Stop the Clocks

『歌詞の意味を知れば、音楽に魂が宿る』

こんにちは。
nktatです。

今回はKing Gnuが歌う、「Don’t Stop the Clocks」の歌詞の意味について考察していきたいと思います。

Don’t Stop the Clocksとは?

「Don’t Stop the Clocks」は、King Gnuの2ndアルバムである「Sympa」に収録されています。

「Don’t Stop the Clocks」では、井口さんのキレイな声に合った、アコースティックサウンドと絶妙にマッチした、キレイな歌詞となっています。

どんな人におすすめな曲なのか?

こんな人におすすめな曲

・恋人に振られて、悲しんでいる人
・過去ばかりを見て、時計の針が止まっている人

「Don’t Stop the Clocks」の歌詞から、私が解釈した内容を簡単にまとめてみました。

恋人に振られた彼女は、悲しみのあまり時計の針が止まっていた。
彼は何としても彼女の止まった時計の針を進めようとした。
一緒に踊ったり、一緒に季節を巡ろうと彼女に声をかけ、必死に励ました。

それでは歌詞の意味について考察していきます!

歌詞の意味を考察!

孤独となった彼女の時計の針は再び動き出すのか?

彼女は彼氏に振られた悲しみの中、時が止まったままとなっている。
僕は愛しい彼女をただ助けたいだけなんだ。

Lonely Lonely Lonely
泣かないで
愛しい人よ
この街が僕らを孤独にするのなら

Calling Calling Calling
君と夢を見ていたいんだよ
この風に身を委ねて踊ればいい

-出典:King Gnu/Don’t Stop the Clocks/作詞:Daiki Tsuneta 作曲:Daiki Tsuneta

孤独となった、僕の愛しい人よ。
泣かないで。
この街が孤独に感じるなら、僕を呼んでいいんだよ。
君と一緒に夢を見ていたいんだ。
悲しまないで。
この風に身を委ねて踊ればいいんだよ。
ほら、僕みたいにね。
彼は彼女を元気づけようと、クルクルと回って踊ってみせた。

彼女はただ泣いていた。

憂鬱が空を覆い尽くしたって
終わりの見えない土砂降りだって
未来を愛していられる
あなたとなら季節が巡り始める

時計の針を進めて

-出典:King Gnu/Don’t Stop the Clocks/作詞:Daiki Tsuneta 作曲:Daiki Tsuneta

憂鬱が空を覆い隠したって、終わりの見えない土砂降りだってさ、止まない雨はないし、晴れない空はないんだ。
過去を愛するんじゃなくて、未来を愛そうよ。
未来を愛せば、季節がまた巡り始めるよ。
さあ、止まった時計の針を進めよう。

彼の問いかけは彼女には届かないようで、見向きもされなかった。

Holy Holy Holy
君の夢を見たのさ
その中身はほとんど
忘れちゃったけれど

-出典:King Gnu/Don’t Stop the Clocks/作詞:Daiki Tsuneta 作曲:Daiki Tsuneta

彼女に見向きもされずとも、彼は諦めなかった。
彼はただ彼女を助けたいだけなんだ。

聖なる君よ。
そういえば、君の夢を見たんだ。
夢の内容はほとんど忘れちゃったけどね。
でも、君が夢に出てくるってことは、僕に助けを求めてるって思ったんだ。

春の風 夏の匂い 木々の色めき
そして今年もまた雪が舞う
そんな日々を好きになれる
あなたとなら季節が巡り始める

時計の針を進めて

-出典:King Gnu/Don’t Stop the Clocks/作詞:Daiki Tsuneta 作曲:Daiki Tsuneta

まだ時計の針を止めたままでいいのかい?
針を進めないと季節は止まったままだよ?
春の風、夏の匂い、木々の色めき、そして雪が舞う。
昔は春夏秋冬好きだったでしょ?
今は土砂降りだけど、止まった時計の針を動かせば、そんな日々がまた訪れる。
そしたら昔みたいに、また春夏秋冬を好きになれるよ。
実を言うとね、僕も時計の針が止まったままなんだ。
あなたが元気にならないと、僕も時計の針を進んでくれない。
あなたとなら季節が巡り始めるよ。

だから、一緒に時計の針を進めよう。

Lonely Lonely Lonely
泣かないで
愛しい人よ
変わりゆく季節を
一緒に踊らないかい?

-出典:King Gnu/Don’t Stop the Clocks/作詞:Daiki Tsuneta 作曲:Daiki Tsuneta

孤独な僕の愛しい人よ。
泣かないで。
時計の針を一緒に進めよう。
止まった季節を動かすんだ。
そして、何度でも言うよ。
変わりゆく季節を一緒に僕と踊らないかい?

まとめ

いかがでしたか?
振られて孤独となった彼女を助けたい彼ですが、初めは見向きもされませんでした。
それでも彼は彼女を助けたくて、彼女の止まった時計の針を必死に進めようとします。
そんな彼の言葉に彼女は何を感じ、どうしたのでしょうね。
私はハッピーエンドで終わってほしいですが、あなたも色々と想像してみてくださいね。

最後に

歌詞の解釈は人それぞれです。

King Gnuの「Don’t Stop the Clocks」を聞いて、あなたはどのように歌詞を解釈しましたか?

私の解釈とはまた違った解釈かもしれませんね。
歌詞の解釈により、曲は違った顔を見せます。
つまり、色んな解釈を知れば、色んな顔の曲を楽しむことができます。
これも音楽を楽しむ醍醐味だと思いますので、あなたも色んな解釈をしてみてくださいね。

それではまた別の歌詞の考察で会いましょう!
最後までありがとうございました。