King Gnu-Overflow

『歌詞の意味を知れば、音楽に魂が宿る』

こんにちは。
nktatです。

今回はKing Gnuが歌う、「Overflow」の歌詞の意味について考察していきたいと思います。

Overflowとは?

「Overflow」は、King Gnuの3rdアルバムである「CEREMONY」に収録されています。

家入レオさんに提供した楽曲「Overflow」のセルフカバーとなっております。

どんな人におすすめな曲なのか?

こんな人におすすめな曲

・恋人と別れたけど諦めきれない人
・恋人への愛がオーバーフローしている人

「Overflow」の歌詞から、私が解釈した内容を簡単にまとめてみました。

彼女を失って初めて彼女への愛に気付いた彼。
彼女と会えない日々によって積もった愛はオーバーフロー。
彼女ともう一度やり直したいと彼は願う。
しかし現実は甘くなく、自分の替えなどいくらでもいることを知っていた彼は、もうやり直せないことも知っていた。
彼はただ彼女に笑っていてほしいだけだった。

諦めきれない彼女へのオーバーフローした彼の愛が表現された歌詞となっています。
それでは歌詞の意味について考察していきます!

歌詞の意味を考察!

恋人に対するオーバーフローした愛が行き着く先とは?

彼女と別れて初めて気づいた。
どれほど彼女を愛していたのかを。
できるならもう一度彼女とやり直したい。
彼女と会えない日々が積もるたびに僕の彼女への愛も積もるんだ。
もう一度僕とやり直せないかな?

幸せの対価に、どれ程の価値が要るかなんて
知る由もない、知りたくも無い
確かなものに手を伸ばしたい

自分の替えなど
いくらでもいるんだ
自惚れんなよ
世界はそんなもんだって
生きてりゃわかるさ

-出典:King Gnu/Overflow/作詞:Daiki Tsuneta 作曲:Daiki Tsuneta

僕は彼女が忘れられない。
彼女との幸せの対価に、どれ程どれ程の価値が要るかなんて、知る由もないし、知りたくも無い。
彼女への愛という確かなものに手を伸ばしたいだけなんだ。

彼女にとっては僕以外にも替えなんていくらでもいるのは知っている。
自惚れんなよ。
世界はそんなもんだって。
生きてりゃわかるさ。
現実はそんなもんさ。

ガムシャラに
命を燃やし続けて
デタラメに
刃を振り回した

-出典:King Gnu/Overflow/作詞:Daiki Tsuneta 作曲:Daiki Tsuneta

それでも僕には彼女しかいないんだ。
僕は器用じゃないからね。
ガムシャラに命を燃やし続けて、デタラメに刃を振り回すしかないんだ。

オーバーフローしているんだ
日々に雁字搦めなんだ
臆病風になびいてしまう前に

愛を探しに行くんだ
君に逢いに行かなくちゃ
あと一度だけでいい
初めからやり直せるはずさ

みっともないって呆れてくれよ
惨めだねって罵ってくれよ
見捨てずにまた遊んでくれよ
昔みたいに笑ってくれよ

-出典:King Gnu/Overflow/作詞:Daiki Tsuneta 作曲:Daiki Tsuneta

彼女への愛がオーバーフローしているんだ。
日々に雁字搦めなんだ。
臆病風になびいてしまう前に、愛を探しに行くんだ。
君に逢いに行かなくちゃ。
あと一度だけでいい。
初めからやり直せるはずさ。

諦められない僕は惨めだよね。
みっともないって呆れてくれよ。
惨めだねって罵ってくれよ。
見捨てずにまた遊んでくれよ。
昔みたいに笑ってくれよ。

夢ばかりを見てたいわけじゃない
如何しようも無い今を愛していたい
なんて戯言を言っていたい

どうにもこうにもうまくいかない
脳味噌オフ ⇒ 事故 ⇒ 向かう泥仕合
こんな時ほど素直になりたいよな

-出典:King Gnu/Overflow/作詞:Daiki Tsuneta 作曲:Daiki Tsuneta

彼女と元の関係に戻れないことは分かってるんだ。
夢ばかりを見てたいわけじゃないんだ。
如何しようも無い今を愛していたいんだ。
なんて戯言を言っていたいだけなんだ。

僕はダメだね。
やっぱりどうにもこうにもうまくいかないや。
脳味噌オフ ⇒ 事故 ⇒ 向かう泥仕合さ。
彼女と元の関係に戻れないことは分かってるんだ。
こんな時ほど素直になりたいよな。

ガムシャラに
命を燃やし続けて
デタラメに
刃を振り回した

-出典:King Gnu/Overflow/作詞:Daiki Tsuneta 作曲:Daiki Tsuneta

それでも僕には彼女しかいないんだ。
僕は器用じゃないからね。
ガムシャラに命を燃やし続けて、デタラメに刃を振り回すしかないんだ。

困った事になったな
君に雁字搦めなんだ
未だ平静装い鼻歌交じりで

愛を探しに行くんだ
君に逢いに行かなくちゃ
もう一度だけでいい
初めからやり直せるはずさ

-出典:King Gnu/Overflow/作詞:Daiki Tsuneta 作曲:Daiki Tsuneta

会えない日々が積もるたび、彼女への愛も積もるんだ。
困った事になったな。
君に雁字搦めなんだ。
未だ平静装い鼻歌交じりで、愛を探しに行くんだ。
君に逢いに行かなくちゃ。
もう一度だけでいい。
初めからやり直せるはずさ。

オーバーフローしているんだ
大切なものなんて
数える程しかないの

愛を探しに行くんだ
気づかぬうちに
欲張りすぎてしまった

-出典:King Gnu/Overflow/作詞:Daiki Tsuneta 作曲:Daiki Tsuneta

彼女への愛がオーバーフローしているんだ。
僕の大切なものなんて数える程しかないのに、愛を探しに行くんだ。
僕ってこんなに欲張りだったかな?
気づかぬうちに欲張りすぎてしまったよ。

オーバーフローしているんだ
日々に雁字搦めなんだ
臆病風になびいてしまう前に

愛を探しに行くんだ
君に逢いに行かなくちゃ
あと一度だけでいい
初めからやり直せるはずさ

-出典:King Gnu/Overflow/作詞:Daiki Tsuneta 作曲:Daiki Tsuneta

彼女への愛がオーバーフローしているんだ。
日々に雁字搦めなんだ。
臆病風になびいてしまう前に、愛を探しに行くんだ。
君に逢いに行かなくちゃ。
あと一度だけでいい。
初めからやり直せるはずさ。

困った事になったな
君に雁字搦めなんだ
未だ平静装い鼻歌交じりで

愛を探しに行くんだ
君に逢いに行かなくちゃ
もう一度だけでいい
初めからやり直せるはずさ

みっともないって呆れてくれよ
惨めだねって罵ってくれよ
見捨てずにまた遊んでくれよ
昔みたいに笑ってくれよ

-出典:King Gnu/Overflow/作詞:Daiki Tsuneta 作曲:Daiki Tsuneta

会えない日々が積もるたび、彼女への愛も積もるんだ。
困った事になったな。
君に雁字搦めなんだ。
未だ平静装い鼻歌交じりで、愛を探しに行くんだ。
君に逢いに行かなくちゃ。
もう一度だけでいい。
初めからやり直せるはずさ。

諦められない僕は惨めだよね。
みっともないって呆れてくれよ。
惨めだねって罵ってくれよ。
見捨てずにまた遊んでくれよ。
昔みたいに笑ってくれよ。
初めからやり直せると自分に言い聞かせてきたけど、もう君とやり直せないのは知っている。
僕はただ君に笑っていてほしいだけなんだ。

まとめ

いかがでしたか?
彼女と元に戻りたいと思っていても、現実はそんなに甘くないことを知っている彼。
もう元には戻れないと知っている彼は、ただ彼女に笑顔でいてほしいと願うしかありませんでした。
彼女へのオーバーフローした愛が伝わってきましたね。

最後に

歌詞の解釈は人それぞれです。

King Gnuの「Overflow」を聞いて、あなたはどのように歌詞を解釈しましたか?

私の解釈とはまた違った解釈かもしれませんね。
歌詞の解釈により、曲は違った顔を見せます。
つまり、色んな解釈を知れば、色んな顔の曲を楽しむことができます。
これも音楽を楽しむ醍醐味だと思いますので、あなたも色んな解釈をしてみてくださいね。

それではまた別の歌詞の考察で会いましょう!
最後までありがとうございました。