King Gnu-Teenager Forever

『歌詞の意味を知れば、音楽に魂が宿る』

こんにちは。
nktatです。

今回はKing Gnuが歌う、「Teenager Forever」の歌詞の意味について考察していきたいと思います。

Teenager Foreverとは?

「Teenager Forever」は、King Gnuの3rdアルバムである「CEREMONY」に収録されています。
ソニー『ワイヤレスヘッドホン/ウォークマン』のCMソングにもなりました。

「Teenager Forever」は、多くの悩みを抱える10代の人たちを勇気づける歌詞となっていますが、その歌詞は10代の人たちだけに留まらず、20代以上の大人でも、10代だった気持ちを思い出させ、不思議と心が奮い立たされます。

どんな人におすすめな曲なのか?

こんな人におすすめな曲

・これから10代を楽しむ人
・10代がつまらないと感じている人
・10代の頃の気持ちを忘れかけている人

「Teenager Forever」の歌詞から、私が解釈した内容を簡単にまとめてみました。

アイデンティティや恋愛などの苦悩が多い10代最後の僕。
他の人にはなれないと分かっていても、周りが輝いて見えるから、周りが羨ましかった。
自分も輝くために、明日を信じてみた彼は、10代最後の日までひた走る。

悩みが多い10代の人たちにぜひ聞いてほしい歌詞となっています。
それでは歌詞の意味について考察していきます!

歌詞の意味を考察!

皆が輝いて見えた僕が輝くためには?

僕って何なんだろう?
どうしたら僕は自分が好きになれるのだろうか?
周りの皆は楽しそうで、悩みなんてなさそうに見えてしまう。
皆が輝いて見える。
皆から見た僕は輝いているのだろうか?
僕って何なんだろう?

他の誰かになんてなれやしないよ
そんなのわかってるんだ
明日を信じてみたいの
微かな自分を愛せなかったとしても

Teenager forever

-出典:King Gnu/Teenager Forever/作詞:Daiki Tsuneta 作曲:Daiki Tsuneta

なぜ皆はあんなにも輝いて見えるんだろう?
僕は皆のように輝けてるのかな?
僕も皆のように輝いた人間になりたい。
どんなに願ったとしても、他の誰かになんてなれない。
僕は僕。
そんなことは分かっている。
こんな僕でもなれるかな?
輝いた人間に。
こんなちっぽけな自分を愛せなかったとしても、輝いた人間になれるって、明日を信じてみたいんだ。

苦悩が多い10代を永遠に楽しもう。

望んだこと全てが叶うわけはないよ
そんなのわかってるんだ
深い傷もいずれはかさぶたに変わって
剥がれ落ちるだろうか

-出典:King Gnu/Teenager Forever/作詞:Daiki Tsuneta 作曲:Daiki Tsuneta

10代の僕には無限の可能性があるんだ。
けれども、望んだこと全てが叶うわけないのは知っているよ。
そんなの分かってるんだ。
それでも夢に向かって挑戦してもいいよね?
失敗して傷ついたって、いずれはかさぶたに変わって剥がれ落ちるだろうから。
輝く人間になるために、失敗を恐れてはいけない。
諦めた時が失敗なんだ。
諦めない限り、何度でも挑戦できるんだから。

いつまでも相変わらず つまらない話を
つまらない中に どこまでも幸せを探すよ

-出典:King Gnu/Teenager Forever/作詞:Daiki Tsuneta 作曲:Daiki Tsuneta

10代最後の日が近づくにつれて思うんだ。
こんなつまらない話を一緒にできる時間もあと少しなんだってね。
つまらない話を一緒にできるこの時間も、つまらないなりに幸せな時間だね。
どこまでも幸せを探すよ。

伝えたい想いは溢れてるのに
伝え方が分からなくて 今でも言葉を探してるんだ
遠くに散っていった夢の欠片に
めくるめくあなたの煌めきに 気づけたらいいんだ

Teenager forever

-出典:King Gnu/Teenager Forever/作詞:Daiki Tsuneta 作曲:Daiki Tsuneta

僕はあなたに伝えたい想いは心から溢れてるのに、伝え方が分からないや。
伝え方が分からなくて、今でも言葉を探してるんだけど、見つからないや。
10代最後の日が近づくにつれて、夢の欠片が遠くに散っていくんだ。
夢の欠片は煌めいているけど、あなたの煌めきにめくるめく。
あなたと一緒にいたいけど、夢の欠片と一緒に遠くへ散っていきそうだ。
僕の思いに気づいてくれないかな?

恋愛が多い10代を永遠に楽しもう。

結局のところ誰も教えちゃくれないんだ
進むべき道なんて
等身大のままで生きていこうぜ
歳を重ねても

-出典:King Gnu/Teenager Forever/作詞:Daiki Tsuneta 作曲:Daiki Tsuneta

最後は自分で気づくしかない。
結局のところ誰も教えちゃくれないんだ。
背伸びをして道を進むよりも、等身大のままで進めばいいんだ。
強がらなくたっていい。
今の自分を愛そう。
歳を重ねてもね。

いつまでも相変わらず つまらない話を
つまらない中に どこまでも幸せを探すよ
煌めきを探してよ

-出典:King Gnu/Teenager Forever/作詞:Daiki Tsuneta 作曲:Daiki Tsuneta

10代最後の日が近づくにつれて思うんだ。
こんなつまらない話を一緒にできる時間もあと少しなんだってね。
つまらない話を一緒にできるこの時間も、つまらないなりに幸せな時間だね。
どこまでも幸せを探すよ。
煌めきも一緒に探そうよ。

散々振り回して振り回されて
大事なのはあなただってことに 気づかないままで
一体未来はどうなるのかなんてことより
めくるめく今という煌めきに 気づけたらいいんだ

Teenager forever

-出典:King Gnu/Teenager Forever/作詞:Daiki Tsuneta 作曲:Daiki Tsuneta

10代最後の日に向けて、あなたを散々振り回して、僕もあなたに振り回されたね。
大事なものは近くにあったのに。
僕はずっと気づかないままで。
大事なのはあなたなんだって今気づいたよ。
未来がどうなるのかなんてことより、今という煌めきにめくるめく。
それだけ気づけたら僕はいいんだ。

過ぎ去った10代の日々を永遠に楽しもう。

他の誰かになんてなれやしないよ
そんなのわかってるんだ
明日を信じてみたいの
微かな自分を愛せなかったとしても

-出典:King Gnu/Teenager Forever/作詞:Daiki Tsuneta 作曲:Daiki Tsuneta

僕は僕。
他の誰かなんてなれやしない。
そんなのは分かってるんだ。
明日を信じてみよう。
こんなちっぽけな自分を愛せなかったとしても。
信じれば僕の明日もきっと輝くよね。

まとめ

いかがでしたか?
10代というのはアイデンティティや恋愛に悩み、苦しいことが多い時期でもあります。
人は人。自分は自分。人を羨むよりも自分を愛して、明日を信じることが無限の可能性に繋がることを教えてくれる歌詞でした。

最後に

歌詞の解釈は人それぞれです。

King Gnuの「Teenager Forever」を聞いて、あなたはどのように歌詞を解釈しましたか?

私の解釈とはまた違った解釈かもしれませんね。
歌詞の解釈により、曲は違った顔を見せます。
つまり、色んな解釈を知れば、色んな顔の曲を楽しむことができます。
これも音楽を楽しむ醍醐味だと思いますので、あなたも色んな解釈をしてみてくださいね。

それではまた別の歌詞の考察で会いましょう!
最後までありがとうございました。